生活レベル爆上げ情報を不定期更新中~

【比較レビュー】「激安USBメモリはどのメーカー買えば正解なのか?」に終止符!!【コスパ】

どうも!HEIKINMAN@HEIKINMAN)です!

このブログを始めた当初、こんな記事を書きました。

www.heikinman.com

今読み返すと赤面してしまいそうな記事内容。そして、この記事のPC、何を隠そう「Windows7」だったのです!!

「Windows7」といえば、「Windows10」へ無償アップグレードの対象!!これはやるしか無いでしょう!!

ということで、晴れて「シャア専用、赤い彗星PC」はWindows10なりました。今の所快適に動作しております。

で、本題はここからなのですが。

リカバリディスクをUSBで作りたい病になったわけです。しかし、家に未使用USBメモリが無い!!解決方法は一つ!!

f:id:HEIKINMAN:20190517222456j:plain

AMAZONで最安クラスの価格で販売されていたUSBメモリ、4種類を大人買い!!Amazonレビュー見ても各社、賛否両論あり、実際どのメーカー製が優れているのかわからない。。。なので比較レビューを書きたいと思います!全国のUSBメモリ難民の指標になれば幸いです!!!4種類買うなら高いの一個買ったら良かったのでは??とポチってから気づいたのは内緒です(;・∀・)

比較開始!!

今回購入したのは

  • サンディスク
  • トランセンド
  • シリコンパワー
  • キングストン

以上、4社の激安16GB、USB3.0 or 3.1メモリを比較していきます!スピードテストの比較では、以前購入していた

  • エレコム(MF-PKU3032GWHF)

f:id:HEIKINMAN:20190526013144j:plain

が、仲間になりたそうにこちらを見ていたので比較対象にします。

外観

f:id:HEIKINMAN:20190517222558j:plain

サンディスク、トランセンドはキャップ紛失の心配の無いスライド式、シリコンパワーは端子を保護してくれるキャップ式、キングストンは少し独特な形状のキャップレススライダー式を採用しています。(着脱時に自動で収納されるタイプではない)どれが良いかは完全に好みなので甲乙つけがたいです。

f:id:HEIKINMAN:20190526013850j:plain

シリコンパワーの端子保護キャップは、本体に付けておけないのが少し残念。スライド式全般はスライド機構自体の耐久性が気になります!

重さ

一番軽いシリコンパワー製が7g。一番重いのがキングストン製で10g。誤差の範囲ですね。使用時に気になる事ではないでしょう。

アクセスランプ

キングストン製品のみ、アクセスランプがありません。他の製品を通電状態にしてみまた画像です。

f:id:HEIKINMAN:20190517223948j:plain

サンディスクは通電時&アクセス時、トランセンドは常時点灯、シリコンパワーはアクセス時のみ赤に点滅します。

スピード

Surface pro3、USB3.0ポート直刺し使用時のスピードになります!各項目の説明はこちら

サンディスク

f:id:HEIKINMAN:20190520154425p:plain

トランセンド

f:id:HEIKINMAN:20190520154441p:plain

シリコンパワー

f:id:HEIKINMAN:20190520154457p:plain

キングストン

f:id:HEIKINMAN:20190520154514p:plain

エレコム(参考)

f:id:HEIKINMAN:20190520154533p:plain

バランス性能なサンディスクReadの早いシリコンパワー、シーケンシャルライト重視なら少し高額だけどエレコム製かな。

保証

シリコンパワー製のみ永久保証。エレコム製が1年間保証。他は5年保証になっています。

※保証内容は各社異なりますので確認要

まとめ

若干の性能差はありますが、USBメモリはSSDのように頻繁に読み書きを繰り返すものではありません。性能よりも、価格や形状の好みで選んだほうが幸せになれるかも(^^) どうしても性能にこだわりたい場合は、激安品ならSANDISK製。少し高くても良いならELECOM製がオススメ!!ちなみにトランセンド製は16Gと32G同じくらい値段になっています^^;

「ソウウキ。」の最新情報をチェック!
スポンサーリンク